ダンディハウスのイメージその2

脳がアロマを感じる仕組み

人はどうやって香りを認識するのでしょうか?今回は人間が香りを嗅いでから体内へと伝達される仕組みを説明します。

精油が人体に浸透するには何通りかあります。

・鼻から嗅ぐ事で脳へと伝達される
私たち人間が香りだと判断するのが大体このルートです。
鼻から芳香成分が脳の大脳辺縁系へと伝えられ、香りによってリラックスしたり興奮したりします。

・肺から血液へと流れる
森林浴などで深呼吸した際、取り込まれるのがこのルートです。
呼吸で得られた芳香成分が肺へと流れ、血液を通じて体内を巡ります。

・皮膚から吸収される
これは全身浴やアロママッサージをする事で芳香成分が人体へと入ります。
通常、皮膚の表面には埃やゴミといった不純物が入り込まないようバリアが張られていますが、精油はとても小さな物質な為バリアゾーンを通り抜けます。そして精油は血液やリンパへ流れ込み各臓器へと作用していきます。

・消化器官から吸収する
これは精油を内服するという事ですが、日本では精油は薬剤の認定を受けていない・一度に多量摂取すると有害である事などから非常に危険ですので絶対に飲んで使用する事は止めてください!

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU