ダンディハウスのイメージその2

暑くなりだすと毎年出現する

"中学生の頃からかれこれ20年以上、梅雨が終わりそうな時期から、足の甲に酷い湿疹かぶれが出来始める、出来始めたと思った頃には一気に広がり、もう我慢できないほどのかゆみに毎年悩まされています。

今年引っ越した先で、皮膚科に行ったら、初めて「多形滲出性紅班」という病名を診断されました。

そんなに珍しい湿疹ではないらしいのですが、私は聞いたことがなかった診断名、数十年、なんだこれと思いながら不快に過ごしていた夏、今年も不快には違いないけれど、診断名が出たことでなんとなく気持ち的にしっくりきました。

薬をもらって毎日塗っているけれど、それだけは痒みが収まらず、
冷やしたアイスノンをハンカチに包み足に巻きつけて離れないようにしました。
それを何度も踏んづけて、中味のジェルが飛び出てしまうこと数回。

薬を貰って数週間で跡形もなく消えていきました。
これもいつものパターンなのです。
もう毎年のことだからうまく付き合っていくしかないのですが、季節が暑くなってくるたびに、ああ今年も来たか、と思ってしまいます。"

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU