ダンディハウスのイメージその2

運動でつける遅筋と速筋

"体重を減らすためには、運動の量を増やすことが大事になってきます。
私のダイエット方法は、運動での筋力増強を上手く活用することです。
ダイエットの成功とは、リバウンドしないような身体を作るということです。
自分の身体をまずは、改造するつもりで変えていくことをします。

食事の改善も同時に進行していくことで、痩せることではなく、太らない身体作りをしていきます。
運動は、有酸素運動と無酸素運動がありますが、ダイエットの時はどちらの運動も取り入れて、筋肉も二つの筋肉をつけていきます。

筋肉は遅筋と速筋があり、瞬発的な筋力は速筋と呼ばれ、脂肪の燃焼率も大きくなります。
速筋は筋肉の太さが大きくなる代わりに、消費するパワーが大きいということです。
ダイエットにも必要な筋肉ですので、付加をつけて筋力トレーニングをすることも大事になります。

もう一つの筋力は、遅筋と言われていて、筋力で言えば効率的にパワーを使うような筋肉です。
この筋肉は、マラソンのように長く筋力を使えるバランス筋肉です。
この二つの筋肉をバランスよくつけることで、脂肪を付けにくい身体にしていきます。

遅筋をつけるのは有酸素運動で、ジョギングやウォーキングのように、軽い運動をすることです。
脂肪が燃えだすのは、運動をはじめて12分後と言われています。
最低20分のジョギングで、脂肪を燃やすようにしましょう。
ジョギングのあとは、腕立てやスクワットで、脂肪を燃やす運動をします。

脂肪を燃やすことを、イメージして運動するようにしてください。
すぐに慣れてくると思いますので、まずは行動することですね。
"

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU